以上より,平成17年2月15日より当院外来での診療が再び始まった.視力については「右は全盲となった.左は大体見えるが細い字は見えない.まー仕方がないですね.またよろしくお願いします」とのおっしゃりで,依然同様穏やかな対応でいらっしゃった.

 3月に入り,食欲があまりないとのことであったが,30日になり「食べると嘔吐してしまう.ときどき頭痛や悪心も生じる」との自覚症状が出現,検査データでは体重減少と低カリウム血症,高カルシウム血症,HbA1cの改善が見られた
3/16 4/14 4/22 5/11 6/8
体重 65.9kg 63 63.8 62.2
HbA1c 6.2%
5.7 5.6 5.5
sK 3.0 2.9 2.9 3.4 3.8
sCa 10.6 10.5 10.7
sP 3.6
sCre 0.90 0.92 0.82 0.90 1.17
GPT 41 43 32 45 37
albumin 4.3
 これに対して,ステロイド潰瘍除外のため3月16日胃内視鏡を行い,タコイボ胃炎を認め,ナウゼリン 3錠を開始,徐々に悪心は軽減していった.低カリウム血症に対しては4月28日からスローケー(300) 2錠を開始した.また高カルシウム血症に対してアルファロールの中止を考慮中である.
現在の投薬は,下記の通りとなっている
(1)レニベース1錠,ノルバスク1錠,アルファロール1錠,コートリル(10)1錠,チラージンS1錠 1×朝
(2)リピトール(10)1錠 1×夕
(3)スローケー(300)2錠 2×朝夕
(4)ベイスン3錠,メトフォルミン3錠 3×食直前
(5)ラニチジン(75)2錠 2×朝寝る前

Next