小児脂肪肝への対応(3)

2003年8月25日月曜日

STEP 3 批判的吟味
総説「Steatohepatitis in children」の批判的吟味と簡単なまとめ
論文名:EA Roberts.:Steatohepatitis in children. Best Pract Res Clin Gastroenterol. 2002 Oct;16(5):749-65. Review.

総説を読むガイド(JAMA医学論文の読み方.中山書店のp96)にしたがって批判的吟味を行った

<結果は妥当か>

<結果は何か>

<結果は自分の患者の診療に役立つか>

引用論文:Effect of weight changes on surum transaminase activities in obese children
Tazawa Y et al. G.Acta Paediatr Jpn. 1997 Apr;39(2):210-4.

論文のPECO

この研究は食事量を減らすという治療を扱う研究と考えたので,下記の治療についての批判的吟味表を使ったが,研究法としてはコホート研究に当たる?のではと思い,困りながら批判的吟味を行った

<結論は信頼できるか?>

第一の基準

第2の基準

<結論はいかなるものか?>

体重変化と肝機能 (Table1より抜粋)

Group

症例数

体重減少(%)

正常化した症例の割合(%)

GOT

GPT

GOT/GPT

TA

10

-7.3

70*

70*

60*

TB

26

-1.9

46

19

11

TC

26

+2.2

23

15

7

TD

11

+8.3

27

9

0

UA

5

-6.3

0

0

0

UB

11

-1.6

9

18

9

UC

15

+2.9

0

0

0

UD

6

+6.5

0

16

16

*TAを他のTgroup と比較すると,TDのGOT以外は有意に改善率が高い(p<0.01)

超音波検査所見 (Table2より抜粋)

Group

症例数

Bright liver

初回陽性(%)

2回目陽性(%)

TA

9

88*

11*

TB

19

84

63

TC

18

83

72

TD

7

71

71

UA

5

20

0

UB

8

12

0

UC

10

20

20

UD

4

25

25

*GroupTでは初回の超音波検査時のbright liverの頻度が,2回目に較べて有意に高いp<0.01